2012年01月10日

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違い


銀行カードローンと目的型ローンの違いで一番大きいのは、目的型ローンは審査に通って手続きが済めば全額が一気に口座に振り込まれますが、カードローンの場合、審査に通って審査が通った後は必要な時に何度でも限度額の範囲内でキャッシングができます。

目的型ローンは、返済のみを続けることになり、追加の借り入れはできませんが、カードローンより低金利ですし、計画的な返済が可能です。

カードローンと違い返済中や返済後に借り入れはできませんので、お金を借りる際には、別途のプランで再度審査を受ける形になります。

カードローンは、返済中でも、完済した後でも、限度額の枠内で何度でも審査なしで必要な時にキャッシングできます。

何度でも借り入れできるため、カードローンは目的型ローンに比べると若干金利は高めですが、カードが発行されたからといって、使用しなければ、利息は生じません。

またカードローンを使用する際、必要最低限のキャッシングにして、借りてもすぐに返済するならば、支払う利息は非常に低額です。

銀行カードローンは目的型ローンなどに比べると金利は高めですが、とはいっても、銀行のカードローンですから他の金融系のカードローンにくらべてとても低金利です。

一気に大金が振り込まれる目的型ローンは、インターネット上からオンライン申し込みはできますが、審査後の手続きの際には、必要書類や印鑑を持参で来店して窓口での手続きが必要なことが多いです。

銀行カードローンは、インターネット上からの申込みで簡単ですし、審査後の手続きや、書類提出など簡易化されていることが多く、迅速ですし、来店不要でカード発行してもらえます。

次項有銀行系カードローン一覧

参考になれば幸いです。
posted by カードローン キャッシング 違い at 17:02| Comment(0) | カードローン キャッシングとの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。